コンサルタント紹介

建設現場の職人さんに解る 「言葉・体験談」 で説得力一発


 
事務所名: 重松労働安全コンサルタント事務所
氏   名: 重松欣司 シゲマツ キンジ
 昭和14.8.9生

所 在 地 : 〒141-0021 
東京都品川区上大崎4-5-26-1-1307
電  話 : 03-3490-1623, 080-3405-9697
F A X : 03-3490-1623
e-mail  : shigekin@tke.att.ne.jp
登録番号 : 厚生労働大臣登録  第建-327号 (平成12年取得)

主な経歴

昭和37年3月
昭和37年4月

       



平成11年8月
平成12年6月
  
鹿児島大学工学部建築学科 卒業  
(株)大林組に入社・建築本部工務部で施工計画を習得後。
  福岡、大阪、熊本、湯布院、三沢米軍基地、東京在日英国大使館、米国東岸、
  バンコック、ブルネイ、米国西岸、ミャンマー、メキシコ、で住宅・
  マンション・ 学校・病院・工場・
店舗・橋・植林・学校・社寺等々の建設
  工事現場所長を勤める。この間、想像も出来なかった「事故・災害・窃盗・
  動乱等の経験多数あり」です。   
同社 定年退職
  重松労働安全ンサルタント事務所設立
  韓国・ボスニア・西アフリカのブリキナで工事監理、安全指導をする。


支援業務内容

業務 厚生労働省「産業安全技術館」の「ボランティア解説員」として委託を受け134回・延1,200人以上(平20年度実績)主に企業(建設・工場・電力・上下水道・ガス・鉄道・TV局、身障者施設等々)の安全衛生担当者、職業訓練生、介護学生、東南アジア・アフリカからの政府間留学生、韓国・中国からの視察来館者に解説を行っています
専門事項 建設現場40年、その内約20年の海外工事で鍛えた「安全の見方・ボランティア解説員の経験を生かして 一番災害に会う率の高い職人さん「やさしい言葉と写真」世界中で 直接 指導ができます。
その他 COHSMS・RAの必要性は認めますが一年後は「紙の山」です。 IT化「費用対効果・数値化」が必要です。安全管理者に「度数率・強度率」の収集方を聞いてご覧なさい。


免許資格

労働安全コンサルタント(建-327) 昭54合格、平12登録
緑十字賞                平19受賞
一級建築士 No-109625・      昭52合格・登録


講師・講演・執筆

講  師 : 安全講話・職長教育 (建設業中心で年5-10回)。 韓国半導体工場建設現場で安全指導。
        (社)労働技能講習協会にて「職長教育」の講師(年5回)

 

Copyright ©
(社)日本労働安全衛生コンサルタント会 東京支部 <info@jashcon-tokyo.com>